愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

盆栽LIFE

森瀬将文 2017.04.08

設計 森瀬です

 雨上がりの朝、我家の盆栽棚でも新芽が芽吹いてきています。枯木のように枝のみだった木が、冬をこして新芽が出てきたときは、毎年のことながら ちょっと感動します。

姫ウツギ~花芽がついているので(先っちょの丸いの)5~6月くらいに白い花が咲きます。

 

↓こんな感じ(昨年6月撮影)

 

↓白花種のツバキ こちらは常緑ですが、花が咲き始めました

モミジ(庭木の種から発芽した苗を育てて8年目くらいです)

芽吹きだして、放っておくとどんどん伸びて徒長してしまうので、見つけ次第片っ端から芽摘みしていきます。

こんな感じでこの時期は毎日のように変化が感じられるので、朝一番 庭にでて棚場をみるのが癒しの時間になっています。

↓6年前 作成時の棚

 

我家の盆栽棚は6年程前にウリン(ハードウッド・・・かちんこちんの木)でDIYにて自作しました。(ウッドデッキは大工さんにつくってもらいましたが・・・)毎日水をぶっかけられて、天日にさらされるかなり過酷な使用状況ですが、ウリンは約30年メンテナンスフリーでウッドデッキなどに最適という説明がよくされているので、実験中です。

今のところ色がグレーに変化した以外は何の問題もありません(材の割れやささくれ等は少々ありますが)が、短所はコストが高いのと、加工しにくい(堅いので)こと、真夏は熱くて裸足で歩けないこと、施工後1年間くらい赤茶色の汁がでて下のコンクリートが汚れる(我家はその1年後勝手にきえましたが)等があります。

↓現在~グレー色

 休日などは、この棚場にすわって木々を見ているとあっというまに時間が過ぎます。春は新緑&花 夏は草ものが花を咲かせ、秋は紅葉&実をつける。木々をとおして季節を感じます。

 盆栽LIFE おすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ