愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

松のお手入れ 芽切シーズン

森瀬将文 2017.07.08

設計 森瀬です

7月に入りまだ梅雨真っ只中ですが、我家では赤松・黒松の芽切シーズンです。

↓4月から伸びだした新芽が7月にはかなり太く、長く伸びばさぼさ状態になります。

↓赤松 実生苗(まつぼっくりから種をとりまき~約7年) ぼさぼさ

↓この軸が黄緑色の部分が今年伸びた新芽です

このまま放置すると樹形を見出しかたちにならないので、この新芽を全て切り落とします。

↓黒松 実生苗(とりまき約10年) 芽切後

芽切をするとこれから夏にかけて、切った根本からまた新たに芽が吹いてきます。この2番目は勢いが弱く葉を小さく育てられます。

これを 短葉法といい近年松の手入れの主流となっています。

 昔は、水や肥料を生命維持できるぎりぎりしか与えないでそだてる「やせ作り」等で姿を保つ方法もあったようですが、リスクが高く手入れも大変だったようです。

 我家には人にお見せできるような立派な松は一つもありませんが、小品や実生の苗がいくつかあり、定年したら立派な松を育てられるように修行中です。

 *松ぼっくりは開く前のものを取ってきて、数日日当たり良い場所においておくと、松ぼっくりが開き中から種がわっさわっさと出てきます。

これを秋にすぐまいておくと翌春に発芽し↑のようなのがたくさんできます。簡単なので、ぜひやってみてください。

ページトップへ