愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

エアコン一台で全く無理せず過ごせる省エネ設計の1年間の計測結果。

丹羽三洋 2017.07.31

1年点検でスタッフが伺ったお客様から一年間の温熱データを頂きました。

周辺は畑や田んぼの中に適当な間隔で家が建っています。

この夏は約25帖のLDKと洗面と脱衣室の3帖を合わせて約28帖を14帖用

のエアコン一台で全く無理せず過ごせるそうです。驚きました。

気になるデータですが冬、気温が1番下がる二月で外気が-0.2度のときにリビングで15.1度

という結果になっていました。このときは無暖房でしたが前日の夜18:00~21:30まで

ダイニングのエアコンのみ付けていたようです。

シュミレーションと同じ条件とはいえませんが予測と比較してよいデータが採れました。

21:30頃にエアコンを切ったときは21度でそこから徐々に室温が緩やかに下がり始め

次の日の朝6:30頃に15.1度という結果でした。この時無暖房の部屋は12.3度でした。

リビングのエアコンの熱移動は考えられると思いますが無暖房エリアは一日中

12度~14度をいったりきたりです。冬のシュミレーションでは無暖房室で最低12度ぐらいの設定でしたので

まずまずの結果だと感じました。欲を言うと暖房してない状態で何度まで下がるか

知りたいところですが無理はいけません。

こうやってデータを採ってみてみるといろんなことが見えてきます。

今後のモデルの改良に繋げたいと思います。

今回協力して頂きましたお客様には本当に感謝いたします。

有難う御座いました。

 

 

 

ページトップへ