愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

後悔しない土地探しにも役立つ、ハザードマップ

森瀬将文 2017.08.19

設計 森瀬です

 

ハザードマップなるものをごぞんじでしょうか?

「ハザードマップ」とは、一般的に「自然災害による被害の軽減や防災対策に使用する目的で、被災想定区域や避難場所・避難経路などの防災関係施設の位置などを表示した地図」とされています。

 一般的には、洪水による浸水被害の想定や大地震時の震度分布図などが多く、各市町村のホームページに掲載されています。

↓名古屋市 地震ハザードマップ 赤色が被害大 緑色が被害小です

  名古屋市は南西部が地質・地盤弱く、被害が大きい地域が集中しています。

http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/20-2-5-14-0-0-0-0-0-0.html

↑こちらの名古屋市のHPにてより細かい各区の情報も掲載されています。

 

↓こちらは名古屋市 津波ハザードマップ

上部の青い部分が0.3~0.5mで、海から結構内陸部まで低いですが、到達する可能性があることがわかります。

 

↓名古屋市北区の洪水ハザードマップ

このほかにも各市町村のハザードマップが用意されていますので、土地探し時に参考にされるとよいかと思います。

 

 

 

土地探しをするときに失敗しないためのポイントを知らないと、こんなはずじゃなかった!なんてことになりかねません。 安く購入したはずが「地盤が弱く杭を打ち込む必要があり◎◎◎万円かかった」などなど後からおもわぬ費用がかさむこともあります。

ニケンでは見学会同時セミナーや、よろず相談会にて土地の選び方について、建築のプロとしての目線からのアドバイスも行っていますので、ぜひそちらもご活用ください。http://www.niken.co.jp/event/347/

ページトップへ