愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

ニケンハウジング 『ALC』外壁 採用ヒストリー

田中美奈子 2017.10.05

インテリアコーディネーターの田中です。

ニケンハウジングでは、外壁材に【ALC】という素材を標準採用しています。

【ALC】を採用するに至った経緯は、いまから22年前の阪神淡路大震災にあります。

ALC外壁(フラットパネル パワーテックス仕上げ)

ALC外壁 フラメジコート仕上げ

 

平成7年に起こった兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)の際、多くの建築技術者が被災地を訪れましたが、ニケンハウジング(当時 丹建)も被害状況の調査のため長田地区へ向かいました。

住宅密集地では、地震後の火災が甚大な被害をもたらしましたが、視察に訪れたメンバーが目にしたのは、一面焼け野原のようになってしまった中に、ぽつんと残る3件の住宅でした。焼け残ったお宅を訪ねてお話を伺うと、『このALCの外壁材が我が家を守ってくれた』と語ってくれました。

ALCとは、珪石やセメントなどを原料とし、高温高圧養生により緻密な結晶構造を生成する軽量気泡コンクリートのことで、無数の気泡が断熱の役割を果たし、表面の温度を裏面に伝えにくくしています。隣家の火災時に外壁は800℃以上もの高温に晒されることがありますが、外壁材の裏面温度が木材の発火点260℃に達する時間を大幅に遅らせる事で、延焼を免れたものと推察されました。

また、ALCの家の隣に建っていた2件の家も、この家が炎を遮ったために延焼を免れていました。火災に強い家を建てるということは、火災に強い街づくりにもつながって行くことを学んだのです。

 

私たちは、SE構法採用により耐震性の高い住宅を提供し続けていますが、地震に伴って発生する火災からも、家族の生命と財産を守る必要を強く感じ、ALCの外壁材を採用するに至りました。

 

『耐震工法SE構法』誕生ヒストリーはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ