愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

美しい外構照明と室内の考え方。

河口陸子 2017.10.11

インテリアコーディネーターの河口です。

先日、DAIKO電機の照明セミナーに行ってきました。

 

今回のテーマ、『美しい外構照明と室内の考え方』、講師は前回の高木さんの愛弟子にあたる花井さん。

『庭屋一如』、つまり建物と庭との一体感のある空間づくりのこと。

 

昔の数寄屋造りや茶室づくりはまさにそれだそうですが、戦後、耳にしなくなっておりました。昨今、アウトドアリビングの人気でこのような考えが見直され、一体感のある建物が増えています。大手メーカーのCMも住宅?というのも流れているのもよく見かけます。

 

弊社のお施主様もリビング前はウッドデッキを作成する方も多く、バーベキューを楽しみたいという声はよく耳にします。

ですので、使う庭のイメージで建物にスポットライトやダウンライトなど、提案してきました。

 

今回のセミナーは使うというより『魅せる庭』がテーマのよう。

ガラスを鏡にしないよう室内の明るさをどこまで落とし、庭をどのぐらいの明るさにすれば美しく見えるか、どの位置にスポットライトを取りつけると効果があるか、下から植栽をあてるときの配置位置の注意、照明をあてるときれいに見える植栽など、スライドで参考写真を見せていただいたり、成功例、失敗例を見せていただき、納得です。

 

今回は用事があり、午後のプランニングセミナーには参加できず、後ろ髪引かれる思いでを帰路につきました。

前回同様、とても勉強になりました。ありがとうございます。花井さん。

出典元 http://www2.lighting-daiko.co.jp/tact/pro_way/vol03.html

 

ページトップへ