愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

水道管凍結にご注意を。

池田哲三 2018.01.26

こんばんは。工務部の池田です。

数年来の寒波により昨日、今日と雪も積もり寒い日が続いてますが現場は休むことなく進んでおります。そして、これだけの寒さだと心配されるのが水道管の凍結と破裂です。

凍結や破裂は最低気温が氷点下4℃以下になると可能性はかなり高くなり、場所は給湯器廻りが多く、「お湯が出ない」と連絡を受けることがあります。給湯器廻りは保温材で被ってはありますが経年変化による劣化で保温材が破損したりしていると、そこが原因で破裂や凍結します。

破裂の場合は水道業者に任せるしかありませんが、凍結の場合は自然に溶けるのを待つか凍った箇所にお湯をかけて溶かすことで対応ができます。ただし、むき出しの水道管に直に熱いお湯をかけると水道管が破裂してしまうのでタオルなどで被い、ぬるま湯をかけてゆっくりと溶かしてください。

給湯器廻りを見て、水道管が見えているようなことがありましたら、保温材を持って伺いますのでご連絡ください。

また、気温が当然指標にはなりますが水道管凍結指数なるものもありましたので、参考にしてみてください。

 

ページトップへ