愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

今後の普及しそうなエアコンについて。

丹羽三洋 2018.02.11

設計の丹羽です。

このブログでも先に話されていますが蒲郡シェアーズでの

OMソーラー株式会社製のパッシブエアコンの見学会に行って参りました。

なぜ行ったのかといいますと、個人的にこのパッシブエアコンは

金額と性能のバランスがとてもよいと思われたからです。

このエアコンは小屋裏に空調機がありダクトにて床下まで温かい空気を

送り込み床下を温めるというもの。

これによって上記のように壁掛けエアコンでは足元には温風は届かず

頭部に溜まってしまうという減少がありますがこのパッシブエアコンでは

部屋中均一な温度分布となっています。ホンマかいな!と思い

でもこれが本当であるならば非常に優れた設備だといえます。

ここ最近は温熱環境について各社からいろいろな設備が出ておりますが

それぞれ一長一短ありまして私もどれにしたらいいのか非常に迷っていました。

ちょっと意地悪かもしれませんが家中表面温度を計測機で測定してみたところ

どこの場所も大体21℃~23℃ぐらいでした。

ちょっとビックリでした。ここまで優秀だとは驚きです。

空調機は1機ですから室外機も1機ですので狭小のお家には是非オススメな設備

であると思います。狭小の家とは大体周りは接近していて

1階の北側の部屋には光はほとんど入って来ない場合があります。

こういった部屋はいくら断熱をしても気密を上げても

熱源がなくても温かいとはならないのです。やっぱり何か暖房機器がいるのです。

どうせ何か機械をつけるのであれば一番効率のいい機械を最大限有効に使える

ように取り付ければ快適になる。それがパッシブエアコンということなんでしょうね。

良い設備でした。

 

 

 

 

ページトップへ