愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

硝子工事業者に行ってきました。

河口陸子 2018.05.16

インテリアコディネーターの河口です。

先日、お施主様とガラス工事業者に行ってきました。

お施主様はフラダンスの先生をしており、ダンスルームに鏡を貼りたいとのこと。

巾は約3m40㎝ぐらい、高さは2mぐらい、厚みは5㎜の大きさで予定しておりましたが、鏡業者が6㎜の厚みにしたほうが、歪みが少ないとの提案がありました。

さすがに私もそこまで大きな鏡を扱ったことがないため、説明を聞きに二人でお話し聞いてきました。

やはり、ここまで大きい鏡ですと、少しの歪みでも、酔う感覚に襲われやすいとのこと。ダンスは鏡を見ながら覚えていくので、練習中酔ったら大変。なので、実際の厚みの違いを見させていただいたり、鏡の施工方法、ガラスの切断方法、鏡の縁の加工など、いろいろ見学させていただきました。

硝子切体験中のお施主様

硝子切体験中のお施主様

結果、お値段は少し張りますが、6㎜の鏡を取り付けることに決定しました。

この御宅の完成見学会は6月終わりか7月初め予定です。他にも見どころは盛沢山です。皆さま、是非足を運んで下さいね。

ページトップへ