愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

卓越風を利用し快適に過ごす。入居1ヶ月の暮らし心地レポート

丹羽三洋 2018.06.20

設計の丹羽です。

先日、引き渡して一ヶ月後のお施主様とお話ししました。

まだ引越しして間も無いですが色々分かった事が出てきたそうです。

ロフトは天窓を開けると風は抜けるが横の窓だけではあまり熱は

抜けないと教えてくれました。

最上階のロフトには約70cm角の天窓が二箇所と壁にも26cm✖️90cmの横滑出しの窓が

二箇所ついています。

 

設計では二階の南側の吐き出し窓から風を取り込み吹抜けを介してロフトの窓で

抜く計画でしたが、正直横の壁の窓でもある程度抜けると思っていましたが

どうやら思っていたよりも抜けていないようです。

上下の高低差と外の風の向きと風速に影響されるので、開口の面積以上の効果があると

思っていましたが壁付けの窓にはその+αの効果はあまり期待できないようです

ロフトの窓は熱気抜きのために不在の時でも開けておく事が出来る横滑出しを選択しました。

横滑出し窓は雨が入りにくいというメリットがありますが、有効開口面積が小さいとい

デメリットもあります。

逆に天窓の、風通し効果は絶大だということも教えて頂きました。

そして今回最も良かった事は隣で建っていたご実家よりも風が良く入りとても涼しいと

言って頂いた事です。

事前に現地で簡易的ではありますが風の流れを確認して

卓越風なども検討した上で窓の配置を検討しました。

名古屋は碁盤の目で密集して建っているところが多く比較的「風の道」が出来やすいのです。

その風を取り込めばこれからの時期冷房をあまり使わなくても過ごせるのです。

実際まだエアコンは一回もつけていないそうです。無くても十分涼しいそうです。

他にも想定していた内容が実現出来ていた事をお聞きしてひとまず安心しました。

良かった良かった!

 

 

ページトップへ