愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

中日新聞の記事の取材を受けました。

藤原裕子 2017.03.01

お付き合いしている代理店さんより弊社に中日新聞の取材協力の依頼があり、インテリアと子供部屋についてのインタビューをご希望とのことで、インテリアコーディネーターが対応させて頂きました。

 

ランドセル置き場を玄関のファミリークローゼットに設けた実例や3部屋分の子供部屋を子供がまだ小さいうちは壁を設けず大きな1部屋とし、子供たちが走り回って体育館のように使っている実例や、

 

キッチンやダイニング近くにPCや宿題をすることができるカウンターを設けている事例、
 
リビング内に階段を設けたくない場合でも、帰宅した子供が部屋に入るまでに必ず顔を合わせる事ができる工夫などなど…
 
約20年に渡る田中の実務経験から、色々な実例を交えて話をしております。
 
 
 
最近では、子供室は極力小さくする方向のご提案をすることが多いです。
子供部屋が必要な時期というのは長い目で見ると本当に短いです。
その1時期のために大きな子供室を設えても後に持て余してしまったり、子供部屋が快適で充実するあまりにこもってしまったり…そんなことも横で聞きながら自身の体験として思い当たるな~と思ったり。
 

どんな記事になるのかな〜、楽しみです( ´◡` )

 

 

ページトップへ