愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

コンセプト

出会えて良かった”と言っていただけるように

「良かった、やっと出会えた!」
お客様と住まいづくりの話を進めていると、そう言われることがよくあります。私たちにとってはうれしい言葉ですが、裏を返せばお客様がそれまで会われてきたハウスビルダーさんとは、残念ながら相性が合わなかったことを意味します。「最初は夢を持って話を進めていたが、意外な自由度の無さに次第に冷めていき、失望感に変わっていった…」という悩みをお持ちだったのです。
お客様の「要望」つまり注文がかなえられないのなら、それは「注文住宅」ではなく、ましてや自由設計の住宅とは呼べません。そのようなことから、私たちの住まいづくりはプランナーがお客様の夢や要望を詳しくヒアリングし、まずは「暮らし方のコンセプトづくり」からスタートします。このコンセプトをもとに、担当設計士とコーディネーターがプランニングからファサード、ディテールのデザイン、設備の選定、ライティングコンディションまで、一貫してコーディネートします。

この住まいづくりスタイルは「夢」を「形」にする上で非常に大切な部分と私たちは考えています。
ハウスメーカーなどでは実現不可能だったご要望も大歓迎。そこが設計に力を入れている地場工務店の腕の見せどころなのですから。

“Enjoy Life”の色んな仕掛け

Enjoy Life!は、私たちがコンセプトづくりをするときのキーワードです。
毎日の生活を送る空間は楽しいものであるべきだと考えているからです。
例えばこんな暮らし方、いかがでしょうか?

  • 家族みんなで
    料理が楽しめるキッチンに

    家族全員で楽しみながら料理ができるキッチンをテーマにすると、レイアウトや機器設備がポイントになります。例えば、複数の人がキッチンに立てるアイランドキッチンはその一例です。最近は調理機器や収納棚が大型化しており、キッチン空間のキャパシティを確保する必要があります。

  • みんなが自然と集えるダイニングに

    家族の団らんにおいて、家族全員で楽しく食事ができる場面は欠かせないものです。そのためには大きな食卓テーブルやビルトインコンロが格好のアイテムになります。また、照明器具の工夫や床暖房など、居心地の良い空間を創り出したいものです。

  • ペットと暮らす工夫

    家族同様の愛犬や愛猫のために室内を工夫することも考えられます。滑りにくい床材で愛犬の足の負担を減らしたり、ペットが通る小窓付の建具を使って、ペット用トイレをリビング外の換気しやすい場所に設けるなど、人もペットも快適に暮らせる工夫を今までご提案してきました。

  • アウトドアリビングでBBQも読書も

    リビングに大きな窓を配し、その先にウッドデッキなどを設けることでリビングの延長感が表現でき、空間の広がりを感じる事ができます。ウッドデッキに高めの手摺りや目隠し塀で囲むことで、外からの視線を気にせずカーテンやブラインドを常に開けておける、プライベートな屋外空間を作り出すこともできます。

  • 愛車と暮らすビルトインガレージ

    「愛車をいつも眺めていたい。いつでも触れられるようにしたい。」そのような方には、車やバイクとの一体空間をご提案します。愛車をいつでも眺めたり触れたりすることができる至福の空間。愛車の保管だけでなくメンテナンスをするにも便利です。ガレージというよりむしろホビールームというべきでしょうか。

  • バスルームでくつろぐ

    洗面脱衣室の間仕切り壁を透明なスクリーンにすることで、広がり感のある空間に様変わりします。また、バスコート(目隠し付デッキ)を造ることでバスルームのイメージを一変させます。AV機器の設置も楽しいですね。また子育て中や高齢者のいるご家庭では、バスルームを少し広めにすることで、介助などが楽にできるようになります。

  • 家族みんなの図書館

    たくさんの蔵書をお持ちの方には、保管と閲覧のスペースに工夫が必要です。階段ルームの壁を書架として利用したり、ロフト空間を図書室にしたり。また、わずかな壁の隙間も工夫によっては収納力のある書架として変身させることができます。

  • 気兼ねなく音を楽しむ

    自宅でピアノ教室を開かれるため、あるいは趣味の楽器演奏の練習場として、音楽のための部屋を自宅に併設するお手伝いもいたします。オーディオや映画がお好きな方は、AVシアタールームを設けるのもいいですよね。私たちは、これまでも様々な施工経験があります。ぜひご相談ください

子供の成長を考えた住まい作りを

ニケンハウジングは、子育て世代が理想とする子どもたちの健全な成長と、親子の親密なコミュニケーションをかなえる住まいづくりの実現をお手伝いします。

子供と一緒に楽しむ空間を

子どもが成長するうえでの大切なステップとして「コミュニケーション能力を高める」ことが大切と言われています。
そして、コミュニケーション能力は、普段から親子でいろんな会話をすること、お母さんのお手伝いをすること、あるいは兄弟の面倒を見てあげること、そのようなことにより自然に育まれます。私たちは、そんな自然と家族が集まるような空間を、これまで培った家づくりの経験と設計手法をもとにご提案します。

スケルトンインフィルだから、
成長に応じてスペースを有効活用

ニケンハウジングでは、家族がいちばん集まり、また採光や温熱環境などが良好なLDK の近くやお母さんの家事動線の近くにキッズスペースを設けることを提案しています。家族みんなの目が届くこのスペースを、幼児期にはオモチャを広げられる遊び場にします。また、学校に入学したら宿題をする学習スペースにすることで、個室にこもらない親子の親密なコミュニケーションを育みます。そして将来、子どもたちが成長したときには、夫婦の書斎やゲストルームへの変更も念頭においています。また子どもたちが「受験」の年頃になると、勉強に集中できるスペースが欲しくなるものです。そんな時、間取りの自由度が高いSE構法を使った家では子どもが勉強に集中する数年間は間仕切り壁で集中できる個室スペースを作り、その後、進学等で家を出たりしたときには、間仕切りを撤去して広いワンルームにする。そんなスペースの有効活用も可能です。

子育て住宅の施工事例はこちら

じょうずに暮らす二世帯住宅

二世帯住宅には、家事や育児、また経済性においてさまざまなメリットやすぐれた点がある一方、事前にきちんと計画しておかないと、後々さまざま問題が発生する可能性もあります。2つの世帯が楽しく幸せに暮らす方法については、さまざまな点から検討をすることが大切です。

二世帯住宅のメリットとデメリット

2つの世帯で家事を分担できることや、子ども(孫)の面倒を協力して見て もらえる、また、病気になったときも心強いなど、二世帯がお互い助け合い ながら暮らすことができるのが最大のメリットです。 また、建築費をはじめ、光熱費や税負担などを出し合うことで、二世帯が 別々に暮らすことよりはずっと抑えることができるのもお得な点です。 一方、生活習慣や生活スタイルの違い、お互いのプライバシーがあいまいに なることで、ストレスを感じるケースはたいへん多くあることです。

二世帯住宅の考え方

二世帯住宅を建築する上で、もっとも重要なのはお互いのプライバシーの確保です。
特に共用部分を多く取って、家事や育児などを二世帯で協力する「融合型」の場合は、親世帯と子世帯の関係性をしっかり考えてどこまで共用にするかを考えましょう。
キッチンやお風呂、玄関なども各世帯に独立させる「分離型」であれば、プライバシーの確保は問題ありませんが、生活時間帯の違いなどからくる防音対策などは、考えておく必要があります。

資産としての活用も考えておく

長期優良住宅仕様であれば、長きにわたって資産価値を保つことができます。
「融合型」の二世帯住宅であれば世帯構成の変化に応じて間仕切り壁の移動などで、その時のライフスタイルにマッチした使い方が可能です。
「分離型」の二世帯住宅であれば、一部を賃貸住宅にして、賃貸の家賃収入でローン返済を行うことも考えられます。
二世帯住宅づくりは、今だけでなく将来を見据えたプランニングも同時に必要になるわけです。

二世帯住宅の施工事例はこちら

「耐震住宅100%」の活動に参加しています。

「耐震住宅100%」実行委員会

2014年7月2日に立ち上げて以来全国約200 社の工務店と「日本の家を100%耐震に。」をスローガンに活動中。
2015年3月最優秀レジリエンス賞受賞。2015 年12 月ウッドデザイン賞受賞。Facebook のいいね!2万人突破。
昨年2015年9月より「耐震住宅100%」Facebook にて、SE構法を使用した耐震住宅の上棟時に撮影した記念写真を投稿する企画を新たに実施中。

  • 記念すべき第一回目となる「ジャパン・レジリエンス・アワード 2015」において「耐震住宅100%実行委員会」が最優秀賞を受賞致しました。

弊社のお施主様が耐震住宅100%の

プロモーションムービーに出演

弊社のお施主様である清須市K 様が耐震住宅100%のプロモーションムービーに出演されました。
K 様がSE 構法を選ばれた経緯や理由、またそのご感想をお話になられています。

ラジオ特別番組に出演

FM ラジオ特別番組「Next 5 Years! supported by 耐震住宅100%実行委員会」公開収録に東海地区を代表して出演させていただきました。
耐震住宅100%実行委員会が提供するFM ラジオ番組「Next 5 Years! Supported by 耐震住宅100%実行委員会」の公開録音が、東京、大阪、名古屋で行われ、TOKYO FMをはじめとする全国のJFN の放送局で放送されました。弊社は、名古屋での公開収録に出演し、耐震住宅への取り組みについてお話しさせていただきました。

  • エヌ・シー・エヌ代表取締役田鎖郁夫氏と
  • 2015 年10 月31 日(土)名古屋通信ビル
    出演:鈴木明子さん、ホリさん、エヌ・シー・エヌ代表取締役田鎖郁夫氏と さん、ニケンハウジング 丹羽八州男社長

耐震100%タオル

活動の一つとして行っている「耐震100% タオル」。
ニケンハウジングでも上棟式の際や、お引渡しの際にお施主様にタオルを持っていただいて、写真を撮りSNS などで拡散し、活動を広めています。

ニケンハウジングがお約束できること・できないこと
ページトップへ