愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

施工事例

【愛知県知多市】共働きご夫婦が家事と趣味を思いっきり楽しむ!大きな吹き抜けのある大空間LDKの家

W 様邸 / 愛知県知多市

 夫婦共働きの W 様ご夫妻にとって、いかに家事を効率よくできる家をつくるかというのが課題でした。完成し たのはまさにそんな機能性を叶えつつ、遊び心もしっかり取り入れた住まい。さて、どんな工夫が詰まっている のか、共働きの方は見逃せません!

 

工夫した間取りと、 統一感のあるデザインが決め手

 
もうすぐ家族が増える! W様ご夫妻は 2 人 目のお子さんが生まれようというときに、新築を決意されました。
各社のオープンハウスや展示場を訪問して家づくりの情報を収集。
その中で、もっとも印象が良かったのが、当社 だったといいます。
「ニケンハウジングの家は、普通の展示場にはない工夫した間取りで、デザインや配置な ど統一感がありました。無垢フローリングなど素材も良質で、安っぽくない“本物”という印象」。

建築場所
知多市
構造
SE構法
性能
長期優良住宅

SE 構法は特にご主人の希望であった「広い空間を木造で安全に実現できる」といった自由度の高さ。

土地が広いことや高低差など、その土地の持っている個性や特徴を活かすプランを提案してもらえた。

SE 構法ならではといえる、広いリビングの 設計がご夫妻の心をがっちり掴んだようです。

「広い!すごい!という感想を抱きました。 構造見学会で SE 構法を知り、この家をつくるときも、こんな広い空間にできたらと」

「決め手はニケンさんの提案力でした。」

玄関からキッチンへの別動線、独立したサンル ーム、書斎、本棚など、こちらからの要望を、余すことなく間取りへと落とし込んでくれた。

「こちらが要望を伝えたら、その一歩先を行く提案を出してもらえて、『おー、すごい!』 という驚きさえありました」

リビングは一日でいちばん長く過ごす場所だからいちばん快適にしたい。

玄関から家の中に入ると驚くのが、リビング・ ダイニングの広いこと! 畳コーナーを合わせ て 20帖以上の大空間。
さらに玄関からの目線の一番奥に広がる南面の大きな吹き抜けが、視界に奥行きと広がりを持たせ、実際の広さからさらに開放感を感じさせています。

少しくらい散らかしたって大丈夫。子供たちがのびのび育つリビング。

「リビングは暮らしていくうえでいちばん長くいる場所。だからいちばん快適にしたいと思ったのです。それにこれだけ広いと、子どもが少しくらい散らかしてもストレスになら ないでしょ?」 と奥さま。

このリビングの特徴は、吹き抜けで開放的な こと。
2 階部分の窓も大きく、陽当りは申し分なし。冬はエアコンなしでも暖かく、夏はロールスクリーンを下ろすことで直射日光を遮ります。
年中快適なリビングで、思う存分 ゆったり過ごすことができます。

共働きで平日はなかなか買い物に行けないW 様。

週末にまとめ買いすると荷物が多くなりがち。
そこで、たくさんの荷物をスムーズにキッチンへと運び入れることができるよう、シューズクロークからパントリー、キッチン への別動線を設けました。

「玄関からキッチンへ直行。道中のパントリーで、さっと収納でき、すぐに冷蔵庫に入れられるのは便利ですね」

夫婦共働きのW様たってのご要望がサンルー ム。
洗濯物をここに干しておけば、外出中に雨が降っても気になりません。

ここなら、帰宅後の夜でも、出社前の朝でも、24時間好きな時にお天気も気にせず干せるから便利。

花粉症のご主人にとって、特に春は洗濯物を外に干したくないというのも、もうひとつの理由。

このサンルームは人目につかない位置に配置され、急な来客時に洗濯物を隠さなきゃ!なんて、慌てる必要もありません。

音大出身の奥さまがもともと使っていた愛着あるグランドピアノ。ただし奥さまが思う存分弾けるのは、仕事を終え、家事を終え、夜になってからの時間帯。

このピアノ室はしっかり防音処理がなされ、近隣に気兼ねなく弾 くことができるのです。 「外の音も入ってきませんので、集中して演奏できます」

「ここなら子どもにプラモデルを壊されない ですみます(笑)」

W様邸の書斎には男の夢が。

ご主人の書斎も少年時代からの夢をカタチにしたもの。デスクは広いし、流し台や換気扇まで。

ご主人の趣味はプラモデル。アクリル塗料をすぐ洗うことができ、ニオイも家の中に広がらない、そんな機能的な作業場となりました。

「誰でも取り出せる図書コーナーを作りたい」

2階に上がると明るい天窓と、造り付けの大きな本棚が。

夫婦共に漫画好きで、蔵書は 1000 冊をゆうに超えます。賃貸に住んでいたときは一部屋に押し込めていたそうですが、ここならその すべてを収蔵できるのです。

ダイニングの隣には、お子さまたちが宿題をできるようカウンター机を造り付けました。
現在は「レシピなどを調べるのに重宝しています。」

畳コーナーを設けるのはW様の要望のひとつ。 親戚や友人を泊めることができ、冬はこたつも置けます。リビングと同じ空間にあるため、お子さまを遊ばせたりお昼寝させておくのにも目が届いて安心。
畳の上なら床におもちゃを投げたって、ちょっとくらい転んだって、へっちゃらです。

現在はお子さんが 2人ですが、将来を見越して最大3人分の子ども部屋を用意。

子ども部屋のひとつは、北側なのにとても明るい。天井高が 3.68mあるためか「狭いという感覚はまったくありません。 」

リビングのすぐ外、庭との間にはテラスが広がる。
「最初はウッドデッキにしてセカンドリビングのように使うことも考えました」 しかし、リビングだけでも十分な広さがあるうえ、メンテナンスのことも考えてテラスを選択。
庭には多めに常緑樹を植え、敷地外からの視線を遮ります。

「間取りや動線、収納など思い通りになりました。働いて夜帰っても、時間に関係なく家事ができるので便利。」

ご主人も休みの日は一日リビングで過ごすことが多くなり、「日中はとても明るく気持ちいいです。住み心地は快適そのもの!」と大満足の様子。
元気いっぱいのお子様と穏やかな笑顔溢れるご夫妻と、そんなご家族らしいおおらかで明るい広々としたおうち。

お子様がのびやかに健やかに育っていく姿が想像できる、そんなW邸でした。

この事例を見た人は他にこんな事例も見ています
ページトップへ