名古屋で注文住宅を設計士とつくるならニケンハウジング

  • 052-622-2018
  • Instagram
  • メニュー

スタッフブログ

おススメ!洗濯とファミリークローゼットの家事ラク動線

藤原裕子 2021.10.14

共働き夫婦が増え、ご夫婦ともに忙しいライフスタイルがスタンダードになっている昨今、家事ラク動線への注目度はどんどん増しています。

間取りを自由に考えることが出来る注文住宅において「今よりも家事がラクに」を重視したいと思う方がほとんどだと思います。

 

 

パントリーやシューズクローゼットなど収納の充実などはすっかり定番となりましたが、

最近お客様によって個性が出ていて見ていて非常に参考になるのが、洗濯系の家事ラク動線です。

 

中でも印象に強く残っている2邸の動線とその動線部分だけを一部切り取ったゾーニングをご紹介します。(個人情報保護のため)

 

1邸:サンルームと大容量ファミリークローゼットがつながる洗濯回遊動線

洗面所→脱衣室→ランドリールーム→ファミリークローゼット→LDK
という夢のような家事ラク動線。

さらに洗面所の背面ドアからもファミリークローゼットに直通でき、回遊動線をショートカットできます。

脱衣室にはIKEAの棚を壁に造作して、脱いだ衣類を投げ込むカゴと、お風呂上りに使うバスタオルと肌着を収納しています。

通常は各部屋にあり、あふれがちなクローゼット。個室にも補助的な収納は用意していますが、基本的な家族の衣類はファミリークローゼットへ集約しています。

このファミリークローゼットにこの小物や衣類の管理が一括にまとまるだけでも、リビングや寝室が一気に散らかりにくくなる効果も。
各部屋の衣類の整理整頓や衣替えも毎度毎度なかなかの重労働ですが、
ファミリークローゼットなら片付けも一気にできて衣替えも必要なく効率化になる利点もあります。

また、こちらのお家の特徴はサンルームがとても広く、洗濯をしたらそのまま大量に干して、乾いたらカウンターで畳み、となりのファミリークローゼットへ。

天日干ししたい場合は中庭へ勝手口から出られるようになっています。

 

  

 

2邸:3人の子供たちが自分で収納できる大型ファミリークローゼットのある洗濯回遊動線

 

洗面所→ランドリールーム(脱衣室)→ファミリークローゼット→LDK

今大人気のガス衣類乾燥機の乾太君を搭載しています。通路の天井に物干しバーを取り付けてそこで室内干しもできるようになっています。

そこから勝手口へつながり外干しスペースへ出ることもできます。

1邸目の実例のランドリールームは室内干しのスペースを広く確保した個室の空間ですが、こちらのランドリールームはスペース有効活用タイプ。全てにつながっている廊下をランドリールームにしてしまったようなイメージです。

そして、3人のお子様が自分で自分の荷物を管理できるようにとつくられたファミリークローゼットの棚。

3人の荷物がごちゃ混ぜにならないように仕切って3等分に。パイプハンガーも子供たちの手が届きやすい位置に。

学校の準備もここで完了してしまえるので、個室に子ども達がこもりにくい、そんな仕掛けにもなります。

 

またユニークだなと思ったのが脱衣室内のカウンターテーブルとイス。

スーパー銭湯のように、お風呂上りにご主人がドライヤーをかける場所なんだそう。

2家庭ともに共通しているのは、外干しスペースにもつながっている事や、お子様がいるので、汚れものや運動靴などをガシガシ洗える深型のマルチシンクがあること。

アイロンなどの作業ができるカウンターがあるのも特徴です。

 

 

 

ご家庭ごとに個性もありつつ、これだけの空間を1階につくることができる床面積がある2邸でしたので、名古屋市内に多い40坪の土地などで再現しようと思うとなかなか難しい部分もあるかもしれませんが、私の印象に残った憧れの家事ラク動線です。

限られた床面積で上手に工夫した家事ラク動線も、今後ピックアップしてみたいなと思っていますので是非またご覧ください。

お問い合わせはこちら

ページトップへ