愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

  • 052-622-2018
  • Instagram
  • メニュー

家づくり相談室

植栽のススメとやりがちな失敗例の2つ

2020.11.04

植栽の効果は…

・日差しを遮る。

・強風を弱める。

・敷地の境界を示す。

・目隠しをする。

・延焼を防ぐ。

・排ガスを防ぐ。

・照り返しを防ぐ。

・建物の外観が栄える。

・借景とのつなぎ。 などなど。

 

日当たりや水はけ等の生育環境を満たした上で、 建物からの距離や、風の向き、道路との位置関係を考慮し、常緑や落葉など植物の特徴を生かして適所に計画することで、室内環境の向上にも効果 があります。

 

 

 植え替え時期は多種多様ですが、台風シーズンが終わるころから、植え替えに適する品種は増えていきます。

 造園家の方によると、

 

「やりがちな失敗」

・NG× 風通しが悪くて蒸さ れる。

・NG× 軒の下などに植えてしまい葉っぱに雨 がかからない。

この 2 点がやりがちな失敗例で、風通しはとて も大切。

また、地面にだけ水がかかれば良いわけではなく、葉にも雨がかかるように計画することが大切です。

 

とのこと。

 

 一度植えてしまうと手入れが必要ですが、植物のお世話がお好きな方、苦にならない方には、 植栽の効果に加え、エクステリア部材に比べて コストも抑えられるので、大変おすすめですよ。

お問い合わせはこちら

ページトップへ