愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

名古屋市千種区のSE構法現場でパッシブエアコン

杁山輝幸 2018.09.20

工務の杁山です

千種区N様邸で、夏はエアコン冬は全館床暖房で年中快適な住空間を提供するパッシブエアコンを導入されましたSE構法の現場が始まりましたので少しお話しさせていただきます。

 

パッシブエアコンの動力部である本体は小屋裏に1台、室外機が外に1台の配置です。床暖房については本体からつなげた暖房用ダクトは階下へと向かい基礎内にて一旦還流し床下全体を温めた後、床通気口より暖気が出る仕組みをとっています。

 

 

パッシブエアコンの効果をより良く実現させるために基礎内や躯体の気密工事、断熱工事が大切になります。現在は、基礎断熱部の工事途中でここでは基礎表面の床と立上りにスタイロフォーム断熱材を施工します。気密に関しては基礎と土台の間は気密パッキンを使用しています。土台と土台の隙間を気密テープで閉じ、SE金物取付と土台隙間は充填断熱してゆく予定です。

 

建物本体の断熱は先回でもお話しさせていただきました吹付断熱材を施工し、これで外壁面、屋根面、などを覆って窓や玄関などの開口部以外の箇所を十分な断熱性に仕上げてゆきます。

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ