名古屋で注文住宅を設計士とつくるならニケンハウジング

スタッフブログ

土地の見極め方

木村郁香 2019.06.07

新人営業の木村です。ただいま研修中です。

近頃、土地について勉強しています。実地で土地の見方も学んでいます。

先日は社長のお供をして、お客様から「見てほしい」と依頼された土地を

見て参りました。

 

いい土地か、どうか。実際に土地を見ても判断がつかない。

という方、いらっしゃますよね。今の私がそうです。

・日当たりはいいか。

・風通しはいいか。

・水道・ガスは通っているか。

・道路と土地の高低差。

・歩道に車の乗り入れ工事がされているか。

・擁壁を築く必要があるか。

・電線の密集具合(工事の際、重機が通れるか)

などなど。

見ることがいっぱいあって、こんがらがってくる……、日当たりの良さってどの程度?

そもそも「いい土地」って何!?

ただ土地を見るだけでは、買うべきか買わざるべきか、わかりませんよね。

 

一番わかりやすい見方。

それは、見つけた土地に居を構えると考えること。

例えば、“リビングは日当たりがいい場所がいいから南側に。でも、隣の家の影がかかってしまう……”

“家はここだから、駐車場はここ。でも、道路との高低差があるから土を削らなきゃ……”

“土を削るのをやめよう。そうすると、土が道路側に流れるかもしれないから擁壁を作らなきゃ……”

“土地の値段に、土を削るお金を足すと、擁壁を築くお金を足すと……。

あれ?このあたりの土地の坪単価よりお高めかも……”

 

土地が身近になってきませんか?

 

ぜひ自分の理想とする暮らしを思い描きながら、土地を見てみてください。

 

ページトップへ