名古屋で注文住宅を設計士とつくるならニケンハウジング

スタッフブログ

SE構法登録施工店勉強会-耐震等級-

木村郁香 2019.11.09

先日、SE構法登録施工店勉強会で耐震等級の講演があり、そこで驚きの事実を知ることに。

 

なんと同じ「耐震等級でも壁量計算構造計算では異なるというのです。

実際、熊本地震で、壁量計算による耐震等級2長期優良住宅倒壊したそうです

その物件で、国土交通省や国立の建築研究所、東京大学大学院の研究成果をもとに製作した

木造住宅の解析ソフトwallstatによる検証が行われました。

 

その結果、建築基準法による壁量計算の耐震等級1の1.63倍

構造計算の耐震等級1という結果が出ました。

壁の量にすると、8枚増えることになります。

 

それぞれの耐震等級の住宅を熊本地震の本震でシュミレーションした結果がこちらです。

構造計算の耐震等級3は倒壊しませんでしたが、

それ以外は倒壊してしまいました。

 

耐震等級3でも、壁量計算と構造計算では大きな違いです。

 

セールスマンが「弊社の住宅は耐震等級3を取っています」と言ったら

「壁量計算ですか?構造計算ですか?」と聞いて確認しましょう。

 

 

 

 

ページトップへ