名古屋で注文住宅を設計士とつくるならニケンハウジング

スタッフブログ

SE構法登録施工店勉強会ー省エネ実態調査ー

木村郁香 2019.11.13

前回の続き、SE構法登録施工店勉強会にて。

省エネ実態調査のについての講演がありました。

 

SE構法の施工店の省エネ性能のレベルを把握するため、

1工務店につき、過去1年間の実案件1件、

全国111物件を調査。

 

結果が以下の通りでした。

①UA値(外皮断熱性能)…値が小さいほど熱が逃げにくい

 平均:0.58  最小値:0.30

 

②ηAC値(夏季日射熱遮蔽)…値が小さいほど夏の日射熱の遮蔽効果が大きい。

 平均:1.6 最小値:0.9    

 

③ηAH値(冬季日射熱取得)…値が大きいほど冬の日射熱を多く取得している。  

 平均:2.0 最大値:3.8

 

④BEI値(基準値に対するエネルギー消費比率)…外皮性能に冷暖房設備を加える。

 平均:0.77 ⇔ 大手戸建事業者の平均:0.75

 

大切なのは、どれか一つがベストではなく、これらの要素のバランスです。

省エネについて検討する際は、これらの要素のバランスと、

仕様や設備とコストのバランスも考えてみてください。

ページトップへ