名古屋で注文住宅を設計士とつくるならニケンハウジング

  • 052-622-2018
  • Instagram
  • メニュー

スタッフブログ

広い土地の活用法

木村郁香 2021.01.15

お客様窓口の木村です。

 

大府市でSE構法住宅の地鎮祭が執り行われました。

 

こちらのお施主様の建設予定地は大きいです。

 

弊社でも、「ご親族の畑を譲り受けた」「ご実家の一部を建て替える」など、

4人家族が住む30~35坪のお宅を建てるのには困らないけど

住宅を建てて、余った土地の使い方に悩むという

広い敷地の中でお家を建てるならではの

なんともうらやましいご相談を承ります↓↓↓

 

 □庭の手入れが面倒なのでコンクリートで固めたいけど、外構工事の費用が掛かる。

 □こんなに広い土地の固定資産税を払い続けることはできない。

 □残した家屋が将来老朽化して壊したら、土地が空くけど、どうしよう……。 etc.

 

そんな広い土地で家を建てる&残った土地の活用法を

弊社で今までご提案した事例を挙げると……

 

 □賃貸アパートを建てることを予定し、その駐車場のスペースも確保する。

 □貸し駐車場にして、その収益で固定資産税を払う。 

  □将来子供が同じ敷地内に家を建てられるように、建物を配置する。 etc.

 

上に挙げたようなお悩みがある方は

間取りのプランを作成する際に

将来の土地の使い方もご提示させていただきますので

是非ご相談くださいませ。

  • ■お電話でのお問い合わせ:052-622-2018
  • ■E-メールでのお問い合わせ:info@niken.co.jp

 

S様、この度はことしずめの儀が無事に終わりましておめでとうございます。

安全に気を付けて工事を進めて参りますので

今後とも宜しくお願い致します。

お問い合わせはこちら

ページトップへ