スタイリッシュで人気の鉄骨階段「#ベビーゲートつけれない問題」どうしてますか?

スタイリッシュで人気の鉄骨階段「#ベビーゲートつけれない問題」どうしてますか?
藤原 裕子

Writer

藤原 裕子

鉄骨のスケルトン階段は、家が一気にスタイリッシュな雰囲気になり、注文住宅でも大人気のデザインですが、そんな憧れの鉄骨階段にもデメリットがあります。

 

手すり壁にするより、コストが増える事は一番にあげられるデメリットではありますが、赤ちゃんのいるご家庭では、

鉄骨階段は「手すりの隙間から子供が落下しやすい」上に、非常に「ベビーゲートが着けにくい」です。

落下に関しては、大半のお客様が落下防止ネットを取り付けて対処されていますが、ベビーゲートは突っ張り棒のような仕組みで取り付ける物が多いので、鉄骨階段の支柱が細い(すっきり見えるので細くしたい方が多い)とそれが取り付けられないのです。

ちなみに鉄骨階段だけでなく、2方向から出入りできるアイランドキッチンなども突っ張れる壁がキッチンの両サイドに無い事も多く取りつけにくい事があります。

 

0~3歳くらいの小さなお子様が2人以上いらっしゃるご家庭は、結構長い期間ベビーゲートが必要になります。

一般的に2歳をすぎ3歳にくらいになれば言い聞かせることで理解できると言われているので、0歳児が1人だけであれば1年間の間は、インテリアに合わなくとも突っ張らなくてもガードできるタイプを置いて我慢する…という方も多いですが、2歳差3歳差の兄弟を育てているという設定で考えると5年間くらいは付けたままになる事も。

 

ニケンではこんな解決方法も過去に提案してきました。

10年近く前に建てたy様邸。ブラックでバッチリカッコよく合わせられるベビーゲートを、鉄骨手すりの突っ張りが当たる部分をギリギリの太さに仕上げて、まるで階段とベビーゲート両方を造作したかのようにスッキリした階段になっています。

白バージョンの鉄骨階段の事例も。

 

階段の昇り降りは、1歳児の大好きな遊びです。

リビング階段の場合は、リビングで過ごすことが多い赤ちゃんと同じ空間に階段があることになるので、子供にとっては楽しいアスレチックが目の前にあるのと同じこと。

せっかくの新しいおうちで、子供に事故があってはならない、安心して育児しながらもカッコよく暮らすためのおすすめアイデアです

 

 

藤原 裕子

Writer

藤原 裕子

「会う前に知ってもらい好きになってもらう」他社にはない強みや魅力を引き出して、必要としている方に正しく届ける。そんなことを日々心掛けています。
ニケンの家づくりのこと、スタッフのこと等々、たくさんの方にニケンのことをもっと知っていただくため、SNSも毎日更新中!
インテリア専卒のインテリア好きの元アパレル販売員。器集めが趣味。12歳差の子を持つ2児のママです。
「会う前に知ってもらい好きになってもらう」他社にはない強みや魅力を引き出して、必要としている方に正しく届ける。そんなことを日々心掛けています。
ニケンの家づくりのこと、スタッフのこと等々、たくさんの方にニケンのことをもっと知っていただくため、SNSも毎日更新中!
インテリア専卒のインテリア好きの元アパレル販売員。器集めが趣味。12歳差の子を持つ2児のママです。

この記事のカテゴリ

SNSでも情報発信しています

pinterest instagram facebook youtube

資料請求資料請求

来店相談来店相談

イベント見学会イベント
見学会

モデルハウス見学モデルハウス
見学