愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

昨日の構造見学会

丹羽三洋 2019.01.21

 設計の丹羽です。

大寒の昨日は大府にて構造見学会を開催しました。

寒い中、沢山の方にご来場頂きまして誠にありがとう御座いました。

土地探しセミナーを受けられた方も普段より多いと思います。

皆さん、家つくりに真剣でした。

高い買い物ですからね後悔せずに買って欲しいと思います。

 

話は変わりますが寒い時期にいつも思うのは間取りによって

寒さの体感が違うという事。

皆さんご存知のように暖かい空気は上に溜まり寒い空気は下に溜まるのは

物理の原理なので家という箱を作れば必ずこの現象が起きます。

2階建ての場合、上記の現象の為リビングが1階にあるか2階にあるかで

個室の寒さが全然違うのです。リビングというのは大体が日が入ってくるように

窓が大きく開いていて(隣地の状況によりますが)日射取得が得られる事が多いと思います。

そして日中暖房をかけて過ごすのもリビングが多いと思います。

つまりリビングは家の中で一番暖められている場合が多いのです。

その部屋が1階にあるか2階にあるかで家全体の暖かさは大きく違います。

リビングが1階にあれば2階の個室は自然に温められます。

しかし、2階にリビングがある場合1階の個室は家全体の冷気が溜まるので

寒くなってしまうのです。

断熱性能を上げれば1階の寒さはかなり軽減できますがそれでも1階に冷気が溜まる

現象は変わりません。昨今床下エアコンが流行ってきているのはその1階の

床が寒くなる現象を解消できるからです。特に日射取得が得られない街中

の家には特にお勧めです。

ページトップへ