名古屋で注文住宅を設計士とつくるならニケンハウジング

スタッフブログ

住宅の写真の撮り方 その3

木村郁香 2019.08.29

新人営業の木村です。

 

先週に引き続き、住宅の写真の撮り方について。

第3弾は『白飛び』です。

 

前回のブログの最後で紹介した写真

こちら↓

       前回               前々回

前々回に比べ、前回の写真は光と影のコントラストが明確ではありません。

しかし、前回のブログ更新後に上司から指摘が……。

白飛びしているね」

 

白飛びとはこれです↓

 

明るすぎて、被写体の輪郭がなくなり、色が真っ白になること。

 

原因は、露出オーバー。

露出補正の数値が高く、光を取り入れすぎてしまったのです。

確かこの時、露出補正+2くらいで撮影した気が……。

 

写真はその日の天候、空間、照明、窓の数や大きさによって明るさが変わります。

いつでもどこでも同じ露出というわけにはいきません。

 

白飛びしないためにはどうしたら良いか。

 

素人の私がとる対策は、何枚も撮る

露出の異なる、同じ画角の写真を何枚も撮影するのです。

①写真を撮って、画面で確認。

②暗かったら露出を一つ下げ、明るかったら露出を一つ上げる。

 (私は0から始めて、-2~+2の露出で撮影)

③同じ角度から再び撮影。

④大きな画像で映るパソコンの画面で再確認。

何枚撮っても良いのです。

デジタル一眼レフはフィルムカメラとは違い、一枚のコスパが高いですから。

 

前回は手前ばかり見て、後ろに目が行き届いていませんでした。

細部に神が宿っていない写真ですね、反省……。

 

ページトップへ