名古屋で注文住宅を設計士とつくるならニケンハウジング

  • 052-622-2018
  • Instagram
  • メニュー

スタッフブログ

中川区 土台伏せ

現場日記 2020.04.16

こんにちは、工務部 杁山です。

今日は朝一から中川区のI様邸の土台伏せの作業を行いました。一日中天気も良くいい日でした、気温もお昼を過ぎたころには21度を超えて少し暑さを感じるくらいの陽気で良かったです。

話しを朝に戻します、今日は朝の一番、午前7:30くらいに現場へ到着いたしまして大工さんと顔を合わせて車の駐車場所のことなどを確認して仕事の準備にかかります。それと丁度お隣りが住宅の解体工事をしておりますので解体さんたちの仕事始め前にそこの親方的な人に工事工期などを訪ねて解体用の大型の重機搬出がI様邸の上棟日と被ることははないか確認させてもらいました。解体さんたちは全員外国人でして、僕が話をした親方的な人はちゃんと日本語が通じ工期が聞けてよかったです。

その後、現場は午前8:00ごろから大工さんが土台位置の墨付けをして作業が始まりまってゆきます。僕は重量木骨SE構法は言ってみれば木造ラーメン構造のように思えるというか感じるのですがそれほど柱や梁の強度が高いんだと思っています。重量木骨SE構法は土台位置に柱脚金物を据えてその上から柱を通してピンで固定するんですが、これは木造の軸組構法では見られない割と鉄骨に近い感じの工法になっています。

         

写真で見ても結構迫力ありませんでしょうか。実際に見るともっとだと思います。I様邸の上棟は来週ですが天気が気になるところです。

お問い合わせはこちら

ページトップへ