名古屋で注文住宅を設計士とつくるならニケンハウジング

  • 052-622-2018
  • Instagram
  • メニュー

スタッフブログ

旗竿地でSE構法住宅の上棟

木村郁香 2021.06.26

天白区でSE構法のお宅の上棟が執り行われました。

 

 

こちらの敷地は旗竿地。

周りをお家で囲まれた住宅密集地です。

 

こちらのお客様には土地探しからご相談いただきました。

 

旗竿地だけど建てられますか?

南側にお家が建っているけど日当たりの良い間取りができますか?

 

お家に囲まれていても、南側に建物が建っていても、日当たりの悪さは建物でカバーできます

……SE構法で建てるなら!

なぜならSE構法は少ない外周の耐力壁と少ない柱で建てられるから、

比較的好きなところに窓をつけることができるのです。

日照シュミレーションで、建設予定地には何月何日何時に日光が当たるか計算し、

陽が当たっているところに窓を配置したり、吹き抜けを作ったり。

もちろん、周りに建っている建物も計算に入れます。これらは3DCADで見ることができます。

 

自然のエネルギーを利用して明るい空間をつくるーパッシブデザインを考えて設計しようとすると

シュミレーションや計算によって的確な位置に開口部を設ける必要があります。

在来軸組工法や2×4だと、「ここに開口部を窓を作ると耐震性が下がるから難しいです……」という可能性もあるのですが、

SE構法は設計の自由度が高いので、パッシブデザインを考えた要求も叶えることができるのです!

 

 

SE構法×パッシブデザインの相性の良さ◎

 

なので、家を建てようと考えている敷地が、日当たりが悪そうでも諦めないで、まずはご相談ください!!

SE構法のお家で建てるなら解決できるかも?

 

お電話でのお問い合わせ:052-622-2018

E-メールでのお問い合わせ:info@niken.co.jp

 

I様、この度は上棟おめでとうございます。

細心の注意を払って工事を進めて参りますので、今後とも宜しくお願い致します。

お問い合わせはこちら

ページトップへ