愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

名古屋市緑区の現場にて、耐震構法SE構法 基礎工事 その2

馬庭大輔 2017.03.21

こんばんは!! 

工務部の馬庭大輔です。

本日は、前回の続きで基礎工事のことを書いていきます。

大まかな流れとして

掘削→整地→丁張り→捨てコン打設→鉄筋組み→ベース型枠組み

→ベース打設→型枠バラシ→立ち上がり型枠組み→立ち上がり打設

立ち上がり型枠バラシ→雑コン打設

といった流れになります。

ベース打設中

ベース打設中

 

こちらはベース打設途中の写真です。

長く伸びているホースかコンクリートが出て、それをならしつつ

こてで抑えていっています。

鉄筋が組んである下に四角の石が入っていますが、これはスペーサーブロックといい

鉄筋のかぶり厚さを確保するために入れるものです。

かぶり厚さとは、鉄筋を覆っているコンクリートの厚さのことです。

コンクリートの表面から鉄筋の表面までの距離をいいます。

 

鉄筋コンクリートは、コンクリートのアルカリ性によって鉄筋が錆びるのを防いでいます。

しかし、コンクリートが中性化したり、ひび割れなどから水分が入り込むと錆びてしまうため、
充分なかぶり厚さを確保しないと、設計通りの強度を得られません。

そのため、鉄筋コンクリートを使用する場所ごとにかぶり厚さは決まっているのです。

建築基準法という建築の法律で厳密に~mm以上と指定されています。

 

建築にはこのような基準がいろいろありますので、日々勉強でがんばって行きたいです。

 

ページトップへ