愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

豊明市三崎町の耐震構法SE構法の現場、外壁工事中。

現場日記 2017.04.07

こんにちは。工務部の池田です。

豊明市の現場の進捗ですが、内部はウレタン断熱吹き付けも完了し、大工が本格的に作業しておりますが、今日は外壁工事のALC版を紹介したいと思います。

当社標準外壁工事であるALCは軽量気泡コンクリートといい、1920年代にスウェーデンで開発されて以来、ドイツやオランダなどのヨーロッパを中心に世界的に発展してきた歴史ある建材です。

また、ALCは耐久性、断熱性、防火性、防災性、遮音性、環境共生の6つを兼ね備えた外壁建材で厚みは37mmあり、一般的な木造住宅外壁材のサイディンより2.5倍あります。

 

外壁業者の(株)サカイ所属の新美君です。

狭小間口の現場でも重たいALCを運び、張り上げてくれる頼もしい男です。

切断風景。切断時には粉塵が出るため集塵機をつけて切断。

材料が重量があるため、ウインチを使用して材料を揚げます。

 

張り上げ風景。37mmの厚みがあると安心ですよね。

 

天候の不安がありますが外装部はシーリング工事のあと、塗装工事となります。

 

 

 

ページトップへ