愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

スピーカーケーブル

社長日記 2017.03.05

今までの人生いろいろなものに興味を持っては、そのマイブームの度に雑学を蓄積してきたのですが、オーディオもその中の一つでした。

とはいえ、オーディオに興味を持ったのは、随分と昔の話で、当時はレコードからCDへの過渡期でした。

当時のオーディオ機器は何しろ重くて、大きくて、沢山電気を使うのが、良い音を出すための手法だったようで、持っていたオンキョーのアンプは重さが20㎏以上あってとても重かったのが今では懐かしいです。

そんな私ですが、この度自宅のオーディオの多チャンネル化(サラウンド化)に伴い、スピーカーケーブルを購入することになりました。

そこで、久しぶりにオーディオの世界を思い出し、どうせ買うならといろいろ調べてオーディオショップに行くと、モンスターケーブル、サエク、オーディオテクニカ等久しぶりに聞く有名なケーブルメーカーが並んでいました。

が、どれも高い!

 

その日は買うのやめて情報を集めると、友人がやはり7.1chサラウンドを組んだらしく、教えてくれたのがカナレ電気。

音響のプロが良く使うメーカーで、飛びぬけた性能ではないが、高い信頼性があり、音にも癖がなく、しかも「安い!」定番ブランドということで決めました。ただ、問題なのはオーディオやパソコンのケーブルと言うのは、時代が変わると規格が変わったり、性能が進化したりして入れ替えたくなるから困りものなんですね。家は何十年も使うので、時代に合わせてケーブルの更新の可能性もあるわけです。その可能性のある個所はCD管などを壁に通しておいて、将来の入替えに備えてあると便利です。

さて次にケーブルを入れ替えるのは何年後なんでしょうか。次はアンプを替えるために研究を始めています。

ページトップへ