愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

本日は、家を建てる基本的な工事の流れを紹介していきたいと思います。

馬庭大輔 2017.03.07

みなさん、こんばんは!

工務部新人の馬庭です。

 

本日は、基本的な工事の流れを紹介していきたいと思います。

まずは地盤の調査を行います。

その調査結果に沿って地盤補強を行います。

 

主な地盤補強は柱状改良工法、鋼管杭工法、表層改良工法の3種類があります。

柱状改良は、軟弱地盤の土にセメントミルク(セメント系固化材と水を混ぜたもの)を注入攪拌して、

地中に柱状の改良杭をつくる工法。

鋼管杭工法は、一般構造用炭素鋼鋼管という長い杭を地中に注入する工法で、

表層改良は、セメント系固化材を軟弱地盤に散布して、原地盤の土と混合・攪拌・転圧を行い版状の固結体をつくる工法です。

これは表層改良を行っている写真です。

これは表層改良を行っている写真です。

それぞれに異なる点があるので、地盤調査の結果によって工法を選択します。

 

 

 

住宅を支える地盤は、住宅の重さが長い年月かかります。

ここをおろそかにすると、不同沈下などの地盤のトラブルが発生する

可能性が大幅に上がります。

そうならないように確実な補強を行っていきます!

来週は、基礎工事に触れていく予定です。

 

 

 

 

 

ページトップへ