~断熱等性能等級5 の新設~

~断熱等性能等級5 の新設~
森瀬 将文

Writer

森瀬 将文

 「住宅性能表示における省エネ性能の上位等級」が、本年度の令和4年4月1日より施行されました。

現行の住宅性能表示制度では、「断熱性能等級4」が最高等級でありZEH(ネット ゼロエネルギーハウス)相当や、それを上回る省エネ性能を評価することができなかったため、新たにZEH水準の等級「断熱性能等級5」が設定されました。

 その性能をあらわす基準の一つとして外皮平均熱貫流率(UA値)であらわします。
UA値とは「外皮平均熱貫流率」の略称で、建物内部の窓や壁などから、外部へと逃げる熱量を外皮等の面積全体で平均した値のこと。

いわば、住宅の「熱の逃げやすさ」を示した数値です。

 そして建築地によって地域区分が1~8の8区域にわけられていて、各等級のUA値の基準値がそれぞれ設定されています。(愛知県名古屋市は地域区分6の地域となります)
 具体的な数値として「断熱性能等級4」ではUA値0.87(地域区分6)  「断熱性能等級5」ではUA値0.6(地域区分6)となります。

 しかし今となってはこの数値自体がすでにそれほど高い数値ではなくなってきていて、実際令和4年の秋頃にはさらに上の等級6(UA値0.46)~等級7(UA値0.26)が新設される予定です。

 2050年 脱炭素社会(カーボンニュートラル)の実現をめざすため、住宅の性能の引き上げが必須の時代となっています。

 

 

森瀬 将文

Writer

森瀬 将文

ドラゴンボールは願いを3つしか叶えてくれませんが、 ニケンではもっとたくさんの願いが叶うプランを提案していきたいと思います。
ドラゴンボールは願いを3つしか叶えてくれませんが、 ニケンではもっとたくさんの願いが叶うプランを提案していきたいと思います。

この記事のカテゴリ

SNSでも情報発信しています

pinterest instagram facebook youtube

資料請求資料請求

来店相談来店相談

イベント見学会イベント
見学会

モデルハウス見学モデルハウス
見学