愛知県名古屋市緑区、大府市で注文住宅なら地域密着型の工務店ニケンハウジング株式会社

スタッフブログ

名古屋市緑区SE構法の現場にて吹付断熱工事

杁山輝幸 2018.09.07

工務部の杁山です。先日、緑区M様邸の断熱工事を行いましたので少しお話させていただきます。

断熱工事は硬質ウレタンフォームによる現場吹付け発砲断熱材のフォームライトSLを採用しております。

最初、吹付断熱工事する外壁周りや屋根周り以外の所はシートで覆って養生します。

床や柱、置いてある建材などに吹付断熱材が飛んで付着しないように丁寧にシートで覆って吹付断熱の準備をします。

 

 

 

屋内での養生の作業をしている間に別の作業スタッフが屋外のトラックで断熱発砲機の準備をしています。

トラックに発砲機および設備が積載されていてそこからホースで現場内へ引き込んで発砲断熱の施工が始まります。

 

 

 

現場では吹付断熱が始まる日までに吹付断熱と干渉する部分の電気配線やコンセントボックスの取り付けのほかに給排水の配管や器具類、棚類の取り付けを前提としたビスの木下地をあらかじめ終えていなければいけません、現場では大工さん電気屋さん水道屋さんガス屋さんたちが忙しく動いて各自の持ち場で必要な仕事を終えております。   

              

 吹付の断熱工事は外壁面、屋根、の他にユニットバスの床下面も施工しますので保温に優れた浴室になりますね。

 

 

 

 

ページトップへ