名古屋で注文住宅を設計士とつくるならニケンハウジング

スタッフブログ

豊明市で構造見学会を開催いたしました。

木村郁香 2019.06.18

先日、関東と東北で最大深度4の地震が発生しました。

災害大国日本では、地震と日常が隣り合わせです。

いつ大地震が来てもおかしくありません。

 

地震や台風から資産を守るためにも、災害に丈夫な家を建てたいですね。

 

地震が発生した日と同日、豊明市で構造見学会を開催いたしました。

 

構造見学会で見ていただきたいのは、完成見学会では見られない、柱や梁、土台や基礎など、

家の構造です。

SE構法はどのような部材を使っているのか、どうして地震に強いのか、

完成見学会では見られないところが見られます。

 

また、もう一つの構造、SE構法の特徴である、スケルトン&インフィルの

スケルトン(構造)も見ていただきたいです。

構造見学会の時点では、まだ部屋の間仕切りがありません。

なので、どれだけ広い空間ができるのか体感できます。

 

間仕切りがないので、とても広いですね。

 

窓も大きいです。大開口です。

少ない柱と耐力壁でできるSE構法だから、できる設計ですね

 

 

ぜひ構造見学会へ、SE構法の強さと広さを見に来てください。

ページトップへ