名古屋で注文住宅を設計士とつくるならニケンハウジング

スタッフブログ

東浦町でSE構法の家、地鎮祭執り行いました。

木村郁香 2019.10.22

先日、東浦町で地鎮祭が行われました。

 

当日は台風一過で空が青く、雲一つない気持ち良い日でした。

今回のお宅の敷地は元々畑でした。

元・畑の土地だと気になるのが地盤です。

 

土地を買うとき、不動産会社から重要事項の説明を受け、契約書を受け取ります。

その時に、瑕疵担保責任についての事項があります。

瑕疵担保責任は、物件に隠れた瑕疵(キズ)があった場合、

売主に対し、損害賠償を請求できたり、契約の解除ができたりします。

土地の契約では、責任を問える期間は、大抵、土地の引き渡しから3か月です。

 

つまり、引き渡しから3か月経って、土地の問題を発見した場合、

売主に「直して」とも、「契約を白紙にして」とも言えないのです。

ですから、契約したらすぐに地盤を調べた方がいいですね。

 

N様、この度はことしずめの神事が無事執り行われましておめでとうございます。

安全無事に気を付けて家づくりを進めて参りますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

ページトップへ