名古屋で注文住宅を設計士とつくるならニケンハウジング

  • 052-622-2018
  • Instagram
  • メニュー

スタッフブログ

大府市でSE構法住宅の地鎮祭

木村郁香 2020.02.08

先日、大府市でSE構法住宅の地鎮祭が開かれました。

ご親戚の方々も参加されて、にぎやかな地鎮祭となりました。

 

今回のお施主様の土地は角地でした。

 

「角地緩和」という言葉を聞いたことはありませんでしょうか。

角地だと建蔽率が10%緩和されるという規定です。

例えば建蔽率が60%の土地なら、70%になります。

ただし、どの角地でも緩和が認められるわけではありません。

特定行政庁が指定する角地でなければいけません。

それに、角地ということは2つの道路に接しているということです。

道路斜線制限がいっそう厳しくなるということもあります。

 

ちなみに、建蔽率の緩和は他にもあります。

例えば、防火地域で耐火建築物を建てる場合、

建蔽率が80%以外の地域であれば、10%緩和。

建蔽率が80%の地域であれば、建蔽率がなくなります。

ただし、耐火建築物を建てるための仕様にしなければいけないので、

費用に差が出ることもあり、要注意です。

 

K様、この度はことしずめの儀が無事に終わりまして

おめでとうございます。

安全無事に気を付けて工事を進めて参りますので、

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

ページトップへ