未公開事例も!ガレージハウスの参考に。注文住宅ならではの最新ガレージ事例集

未公開事例も!ガレージハウスの参考に。注文住宅ならではの最新ガレージ事例集
藤原 裕子

Writer

藤原 裕子

代表がバイク乗りだったり車が大好きだったりすることや、SE構法を採用している事で、ビルトインのガレージハウスが得意なニケンハウジングですが、最近大開口2台並列ガレージ以外にもいろいろなタイプのガレージハウス事例が増えています。

そこで、ここ数年で建築した色々なガレージハウスを比較的新しい物件を中心に、(未公開写真や工事中の写真も含む)ピックアップしてご紹介させていただきます!

車寄せタイプの雨に濡れないガレージ

シャッターを付けず、車寄せのような感覚で使える雨に濡れずに玄関へ入ることができるガレージ。

 

こちらのお家の注目ポイントは玄関ドアの横に屋外収納があるところ。

広い土地を活かした中庭につながるこちらの収納庫。

お子様のお庭での遊び道具や、アウトドア用品などを格納できます。

ガレージにシャッターが無いので、盗難されたくないゴルフバックにタイヤなどは扉のある収納棚へ。

 

こちらも車寄せタイプのガレージ。

こちらも車寄せタイプ。中庭に続いているので、ガレージの天井を斜めに下げて、道行く人の目線が中庭の向こうの室内へ入らないようになっています。また、木の面積が多く見えるので立体感が出てデザイン的にも面白くなっています。

車寄せタイプのガレージは、外観アクセントにもなり、シャッター付きのガレージにしたいという程ではないけれど、雨に濡れずに室内へ入りたい方や、車が雨ざらしになるのが気になる人から人気です。

 

 

半地下に建つRCとの混構造ガレージ

丘陵地帯など斜面に建つお家でよく採用される半地下RCガレージです。

木造se構法×RCという混構造での住宅です。地下は土を留めることが出来るRCしか建築出来ないので、地下をRC、地上は木造という組み合わせで建てるケースです。

 

この場合のメリットは建物が木造でもガレージ部をRCで建設する為、大開口の間口が取れるという事。

また、RC部分はコンクリート打ちっ放しでインダストリアルな雰囲気。無機質なコンクリートは車とも相性がよく、車に照明を当てれば車のショールームのように。デザイン的にもカッコいいです。

 

このように地下から外に出ることなく室内へ上がることが出来ます。

 

 

こちらも同様の半地下の混構造ガレージハウスです。

混構造のガレージハウスのデメリットというと、RCの地下部分の建築費用が高額になります。

高低差があり眺めがいい事も多く人気のある斜面の土地ですが、地下ガレージにしない場合でも擁壁の費用など必要になりますのでご注意を。

 

 

狭小間口のビルトインガレージ

 

名古屋の利便性の高い地域に多い狭小間口の土地。こちらは敷地の間口約4ⅿ!建物の間口はなんと3ⅿ!正真正銘の狭小間口です。

間口は細いものの奥行きが11ⅿある「うなぎの寝床」の形状なので、駐車部分の奥行きが8ⅿあり、2台を縦列して駐車できます。なお、玄関の奥には一部屋予備室を設けています。メインの居住スペースは2階と3階で、ルーフバルコニーもある楽しいお家です。

注意したいのは細長~い敷地にガレージのある3階建ては、構造的に難易度が高く、地震や強風などに弱い形状のひとつ。

ガレージの中をご覧いただくとわかるようにあばら骨のように太い構造躯体が張り出しています。

SE構法でこの形状で建てる時はこの耐力フレームと言われる躯体が登場し、耐震性を保つ秘訣になります。この間取りを木造で、空間を壁や柱で遮ることなく大空間を維持しながら耐震等級3で実現できるのはこのフレームがあるからといっても過言ではありません。

また、このお家のように隣家が近接している事が大半の狭小地。火災に対する備えも重視し耐火性能の高い外壁ALC(弊社標準外壁です)などを採用してください。

こちらは角地に建つ敷地面積18坪の狭小ビルトインガレージ。名古屋市内であれば40坪程度が平均的と言われる中で非常にコンパクトな敷地です。

この事例の前にご紹介したようなうなぎの寝床形状の敷地とは逆の間口が広く、奥行きが車の長さぎりぎりまで狭いパターンです。

狭い間口側には電柱がある為広い方の間口から車が出入りすることが決まっている敷地でした。

 

間口が広いので大開口の壁の無い2台並列ガレージもSE構法であれば可能でしたが、あえて一台ずつ別々にガレージを設けています。

なぜこのようにしているかというと、車の乗り降りのしやすさとそれぞれの車から最短距離で玄関にアクセスするためです。敷地境界に余白がない事もあり雨除けの庇などは出さず、真ん中に玄関を配置して距離を縮めています。玄関からはすぐに2階へ上がる階段があります。その階段下を有効活用し、屋外収納を設けて収納も確保した限られた空間を効率的に使ったガレージです。

 

2台並列木造大空間ビルトインガレージ

 

黒×グレーを基調としたガレージハウス。防火仕様の電動シャッターがスタイリッシュな印象を格上げしています。

ご夫婦で車好きのK様邸。奥には車いじりができるように、水栓や棚を設け、その横には4畳ほどの小さな個室が。その個室は客間などに使用し、窓から愛車を眺められます。

バイクと車の大空間ビルトインガレージ

こちらガレージ内のお写真が無くて残念なのですが、こちらはバイク2台と車一台をガレージ内に。

壁をOSB合板で仕上げ、外観とはまたガラッと雰囲気の変わる空間になる予定。玄関が2つあるのはグランドピアノ2台がならぶピアノ教室があるから。外観もお子様が通いやすいピアノ教室らしい雰囲気ですね。

ガレージとピアノ教室、どちらも大空間の壁の無い個室を1階に設ける事ができるのも、SE構法ならではの間取りになっています。

余談

(ガレージハウスとは関係ないですが眺望も最高なお家です。ガレージハウスにされる方の傾向として、高いところからの眺望やルーフバルコニーがあるお家がガレージの無いお家に比べるととても多いなぁと、編集していて思います。何か関係があるのでしょうか…?)

2世帯住宅バイクガレージ

こちらはバイク好きの親御さんとご夫婦が建てた2世帯住宅のバイクガレージハウス。将来的にバイクが乗れなくなった時は車1台入るように設計されています。

弊社代表(ライダー1号)の愛車と弟、設計士の丹羽三洋(ライダー2号)の愛車を入れて見学会をさせていただきました。

奥にはバイク用品バイクジャケットやヘルメット、工具を収納するクローゼットがあります。

 

‥‥‥‥

 

未公開写真を中心にご紹介させていただきました今回のガレージ特集ブログ。いかがでしたでしょうか。

2台並列のビルトインガレージは過去事例でもたくさん紹介しているので、今回はちょっと違ったガレージも色々とピックアップしてみました。

ニケンハウジングでは現在も新しいガレージハウスが続々と計画進行中です(^^♪

完成見学会も随時行っていきますので、ガレージファンの皆様、お楽しみに!

名古屋市や大府市など名古屋近郊でガレージハウスを建てたいとお考えの方のお問い合わせも大歓迎。

ハウスメーカーにビルトインガレージを希望したらめちゃくちゃ高い…。

壁や柱のない間口の広いガレージは出来ないと言われた…。

そもそも在来工法で大空間の3階建ビルトインガレージは無理だと言われた…。

車好きの気持ちが分かる営業担当や設計士じゃないから間取りがイマイチ…。

などなど、お悩みの方もお気軽にご相談ください!

ニケンGARAGEHOUSEオーナー様へ。ガレージのお写真募集中です!

※弊社で建築されたガレージハウスお引き渡し後のオーナー様へ。ガレージハウス内のカスタムされたお写真募集中です!モデルを複数持てない地元の工務店では建築実績や事例写真が私たちの財産であり次へのお客様との出会いをつなぐ生命線でもあります。

「うちのガレージもカスタム仕上がってきたので撮影や掲載していいよ~!」というオーナー様、ぜひご連絡をお待ちしておりします。

 

 

公開中のガレージハウスはこちらから事例ページをご覧いただけます⇩⇩

 

スバリストのご主人と登山家の奥様が建てる趣味も暮らしも楽しみ尽くす、 楽しく便利なガレージハウス

狭小間口に建つ木造3階建てビルトインガレージ狭小住宅。大きなバルコニーとつながるアウトドアリビング・大画面のプロジェクターで映画鑑賞…楽しい仕掛けがいっぱい!!

デザイナーがディテールにこだわって建てた刈谷の街並みを一望するビルトインガレージハウス

南面がほとんど窓!のユニークな間取り。三角屋根が目印のビルトインガレージハウス

車好き・アウトドア派のGARAGEライフ! 広くて安全で快適オシャレな家

毎日の暮らしに”手の届く贅沢”を。ライダーがこだわって建てる、ビルトインガレージと中庭とルーフバルコニーがある家

「広い家には興味がなかった。」30坪で2台並列のビルトインガレージができる事に目標を絞って叶えたコンパクトなガレージハウス

 

藤原 裕子

Writer

藤原 裕子

「会う前に知ってもらい好きになってもらう」他社にはない強みや魅力を引き出して、必要としている方に正しく届ける。そんなことを日々心掛けています。
ニケンの家づくりのこと、スタッフのこと等々、たくさんの方にニケンのことをもっと知っていただくため、SNSも毎日更新中!
インテリア専卒のインテリア好きの元アパレル販売員。器集めが趣味。12歳差の子を持つ2児のママです。
「会う前に知ってもらい好きになってもらう」他社にはない強みや魅力を引き出して、必要としている方に正しく届ける。そんなことを日々心掛けています。
ニケンの家づくりのこと、スタッフのこと等々、たくさんの方にニケンのことをもっと知っていただくため、SNSも毎日更新中!
インテリア専卒のインテリア好きの元アパレル販売員。器集めが趣味。12歳差の子を持つ2児のママです。

この記事のカテゴリ

SNSでも情報発信しています

pinterest instagram facebook youtube

資料請求資料請求

来店相談来店相談

イベント見学会イベント
見学会

モデルハウス見学モデルハウス
見学